外部大学院へ進学した理系大学院生の就活体験談【22卒】

「良い大学へ行けば、大企業に入れて良い暮らしが出来る」

そう思っていた時期もありました。

 

しかし、就活をする際はその企業が自分の行きたい方向に向かえるかどうかを優先して企業を選びました。その結果、GW前という就職活動シーズン前半に納得して就活を終える決断をできています。

 

私は地方大学から旧帝大大学院へ進学したという特殊な経歴を持っています。

そのため、旧帝大への進学のような俗にいう学歴ロンダリングをしたら良い就職先に内定出来るのかという話を、私の体験談からお話ししたいと思います。

就職の観点から外部の大学院へ進学するかどうか悩んでいる方はぜひ読んでみてください。

長いのでコーヒーでも飲みながらぼーっと読んでみてください笑

筆者のプロフィール
経歴:地方国立理系大学生→旧帝大理系大学院生(大学受験のセンター試験の得点は7割前半) 資格 → TOEIC700点台、海上・陸上無線主任技術者(授業のついでに取れた資格) 研究 → 国内学会出場 1回(修士1年次) ガクチカ → 大学院の院試勉強、塾講師のアルバイト、部活動 

業界 → 計測機器、産業用機械メーカー

就活状況・結果

エントリー → 6

 

書類通過 → 5

 

1次面接 → 3社通過(11次面接免除、11次面接辞退、11次面接落ち)

 

2次面接 → 2社通過(12次面接落ち)

 

最終面接 → 1社通過(1社最終面接落ち)

 

自分の内定先

産業用機械メーカー(中小企業)

その企業に決めた経緯

人生の目的論 という書籍と出会ったことです。人生の目的論の内容はざっくり言うと、自分の過去の経験から自分が人生をかけてやりたいことの方向感を決め、それをモチベーションの源泉とし、日々その方向感に向かって行動をするという考え方のもと就職活動をすると言うものです。自分の方向感に沿った会社を人生の目的を達成するための「手段」として選ぶのです。

 

 

 

私は、過去の経験から、現時点での人生の目的を仮決めし、自分の在り方を自分が納得いくまで考えました。その結果、私の中の

・人のためになることなら時間を忘れて夢中に頑張れる

・過去の経験から、より多くの人に役立つことをしたい

・相手が抱えている問題解決のサポートをし、一緒にその問題を解決した時が1番やりがいと感じる

と言う3つの共通項を見つけました。

さらに、研究を通じてものづくりがとても面白いと感じるようになりました。以上の2点から、現時点での自分の人生の目的は

「課題を解決するモノの提供を通じて、多くの人の可能性を増やす」

だと設定しました。

企業選びの方法

私の企業選びの方法はシンプルです。上で設定した人生の目的を具体化し、その延長線上にある企業を見つけただけです。私の場合は

 

人々が出来ないことをできるようにする製品を作っているメーカー

その製品が多くの人に影響を与える→サプライチェーンの上流のメーカー

 

という流れで産業用機械、計測機器メーカーを志望しました。

 

では、人生の目的の延長線上にある企業はどうやって見つけたのでしょうか。

それは新聞を読むことで見つけました。新聞を読むことで、世の中の状況に対する各企業の立ち位置、世界で起こっている問題とその問題に対する企業のアプローチが分かります。それらを判断材料に自分が会社でやってみたいことを見つけるのです。

 

私の場合、新聞から主に5GIoTに関する情報と、電子機器のサプライチェーンの企業情報や企業ごとの取り組みを知りました。

そこから多くの人の可能性を増やすという観点で5GIoTの推進に携わる、サプライチェーンの上流で仕事をしたいと言う観点で、電子機器関連の産業用機械メーカーに注目しました。やりたいことはこれ以上書くと身バレしそうなので書きません。今までの文脈から想像してみてください。笑

 

その結果、電子機器関連の産業用機械メーカーへ無事内定をいただくことができました。大学の推薦は使いませんでした。



中小企業を選んだ理由

 

※ここからは私の完全なポジショントークです、気をつけてください。

私が中小企業を選んだ理由は以下の主に3つです。

 

1. 企業の海外進出をゼロから携わりたかったから

ここが私が1番魅力的だと感じた点です。私の内定先の企業は現在海外拠点を続々と増やしているところです。

単純に海外で仕事をしたいだけなら海外シェアが高いメーカーに行けばいいでしょう。

だだ、私は1から拠点を作ると言うことに技術面で携わりたかったのでこの企業にしました。

 

2. 技術職として30歳までに海外の取引先と仕事をしたいから

若手のうちに一通りの仕事を経験して、実力をつけたかったからです。

そして最終的には510年の間に、海外展開の際に製品の話を取引先にできるような技術者になりたいからです。

 

3. ここの企業で夢中になってやりたいことが出来ると思ったから

中小企業ならではのメリットで部署配属がほぼ選べます。ですので、入社後確実に自分がやりたいことができると考えました。

ちなみに私の大学院は98%くらいの人が大手企業に行きます。私のような決断はかなりレアです。

人生の目的を軸とした就活をして良かったこと

人生の目的を決めて就活をして良かったのは、志望する企業にたどり着くまでの過程で、志望理由、ガクチカ(学生時代力を入れたこと)と志望企業との繋がり、入社後やりたいことが自然と定まる事でした。

この3つが1つの線で繋がるので、志望理由に説得力がでるのです。

 

外部の大学院へ進学し就活しようとしている人に伝えたいこと

ここまでが私の就活の状況です。細かいところは省略しているので気になるところがあればDMで質問をください。

 

ここからは私と同じように外部の大学院へ進学し、就活をしようとしている方に向けて、行動面、マインド面で意識してほしいことをお話しします。

 

行動編

周りの人と一緒に就活をしよう

1番意識して欲しいポイントです。就職活動は必ず周りの人と一緒にしましょう。

理由は2つあります。

1つ目は、情報を仲間同士で共有することで効率よく就職活動に関する情報を集められるからです。

実際に就活を始めると実感していただけると思うのですが、就活情報は日々、多数のメディアからかなりの量が発信されています。その情報を1人で全て追っていると限界があり、情報を見逃すことがあります。そんな中、仲間と一緒に就活をしているとそれらの情報をシェアできるので大事な情報を見逃す可能性が低くなります。

 

2つ目は、エントリーシート(ES)の添削や面接練習などを周りの人と協力してできるからです。

就活を始めたばかりの頃は自分のESや面接の様子を他人に見てもらうのにかなり抵抗感があると思います。私もそうでした笑

しかし、ESや面接は周りの人に見てもらってフィードバックを貰えば貰うほど質が上がります。そのため、積極的に周りに添削をしてもらってください。私が周りの人と一緒に就活をしようと言う理由はここにあります!

 

特に、皆さんのような旧帝大のような大学院へ行けると同期や先輩がかなり優秀なので、積極的に就活で頼ってみてください。個人的に、これは外部の大学院へ行く大きなメリットだと感じました。私自身もたくさんESを見て貰ったし、最終面接の練習を10時間以上手伝ってもらいました。本当に同期に感謝です。

 

エントリーシート、面接練習 は恥ずかしがらずにどんどん周りの人を頼ろう

就活を通じていかに素晴らしい考えに至り、行動をしていたとしても、それが伝わらなければ意味ないです。ですので、最低でも本命企業のES、面接練習は十分にするようにしてください。

特に面接は週8時間以上が目安です。

 

 

自己分析は5月までに終わらせよ

自己分析を5月中に終わらせておくことをお勧めします。なぜならメーカーだと大体6月から夏インターンシップの選考が始まるからです。外資系の場合はもっと早いです。夏インターンは参加すると本選考時に特別先行ルートが用意されている場合が多いです。そのため可能な限り参加することをお勧めします。しかし、選考が始まるまでに自分のやりたいことの方向を決めておかないと夏インターンへ行く意味が少なくなります。そのため、できれば5月中、最低限インターンの申し込みが始まるまでには自己分析を済ましましょう。自己分析の方法は色々な就活論があるので自分に合うものをさがして見て下さい。

現時点でやりたいことがわからない人は四季報や新聞を読んでやりたいことを見つける努力をしてください。それらを読むことで自分だけの価値基準の物差しを身につけたいですね。

 

マインドセット編

大手病にはマジで気をつけて

外部の大学院へ進学した場合、特に気をつけて欲しいです。偏差値の高い大学の人は98%くらいの人が大企業へ入社します。ですので、就活をしていると大手以外はダメなのかなと言う気持ちになってきます。実際私もその気持ちになりました。

就活は大企業云々より、やりたいことができると思う企業に入りましょう。1度偏見を全てリセットして自分のやりたいことを見つけてください。その上での大企業という選択なら私はとても良いと思います。

 

ぶっちゃけた話、外部の大学院へ進学した人は、偏差値で大学院を決めたところが多少はあると思うので、就活くらいは自分の本心で企業を決めてくれ!と切実に願っています。周りにどう思われようが自分の人生なので関係ないですよ。

 

就活を受験のマインドセットで挑まない

就活は受験ではありません。内定をたくさん持っている人が良いということはありません。学生時代に頑張ったこと(ガクチカ)のエピソードに強いも弱いもありません。自分がやりたいことの方向が見つかり、心から納得のいく企業に内定をもらえた人が1番良いです。

 

以上のような心構えを持って就活を頑張ってほしいなと私は思います。

それでもなお外部の大学院へ進学する意味

これまで散々大企業が全てじゃない、自分のやりたいことができる企業を選ぼう!という話をしてきました。これらの話を聞くと、ならわざわざ外部の大学院へ行かなくても良くね?と思った方がいるのではないでしょうか。

その通りだと思います。しかし、それでもなお私が思う外部の大学院へ行くメリットがありますので紹介します。

 

就活をする環境・仲間

偏差値の高い大学院の学生はやはり意識が高いです。それ故に彼らは、就活においても早い時期から情報を仕入れていますし、積極的に説明会に参加する、業界研究をするなどの行動面も伴っています。そんな環境や仲間の中で就活ができると自分自身も影響を受けて頑張ることができます。1人でモチベーションを維持するのが苦手、言われないと何事もやる気が起きないという方は、外部の大学院へ進学して周りに引っ張ってもらうのも1つの手だと思います。私はそのタイプでした笑

 

圧倒的セーフティネット

就活において、偏差値の高い大学院へいく、1番の魅力はやはり圧倒的セーフティネットではないでしょうか。大学の推薦依頼が来る企業数が多いため、就職活動の後半の時期でもある程度推薦企業が残っています。そのため、最悪就活がうまく行かなくても有名企業へ高確率で行くことができます。

初めて学科の推薦企業一覧を見たときは、こんなにたくさんの企業から推薦依頼が来るのかとびっくりしました。

私はこの圧倒的セーフティネットのおかげで保険をかけながら、たくさんの企業に挑戦できました。

 

研究を通じて就活生に求められる論理的思考力が日々鍛えられる

レベルの高い大学院へ行くと、研究にやる気のある生徒が多いです。彼らと日々研究の議論をしていると論理的思考力が自然と身に付きます。その能力は面接でそのまま使えるので私にとって大きなアドバンテージとなりました。

 

レベルが高い大学院へ進学した行動力、経緯をアピールできる

これは隠れたメリットなのですが、大学院の受験勉強はガクチカになります。大学時代特に胸を張って頑張ったと言えることがない、というひとは是非院試勉強を頑張り、ガクチカにしてはどうでしょうか。その際、なぜ大学院を変えようと思ったか、なぜその研究室にしたかの2つはよく聞かれるので事前に考えておいてください。

 

就活で得られたもの

自分が将来向かっていきたい方向感

現時点の価値観で自分の人生でやりたいことは何なのかを見つけることができました。やりたいことが見えて来ると日々の行動に意味を感じることができ、辛いことでも乗り越えられるようになりました。

 

 

「もたらす」というマインドセット

就活で自分の内面との対話を繰り返すうちに、「相手に何かをもたらすと自分自身にも返ってくる」「自分が何かをして欲しければ、まず自分が相手に何かをもたらす事が重要」ということに気づきました。これは就活だけに言えることではないので、これからも日々の行動に反映させていきます!

 

まとめ

就職活動は必ず周りの人と一緒にやることをお勧めします。特に、外部の大学院へ進学できた場合、進学先の仲間は心強い人ばかりなはずなので、積極的に協力を仰いでください。

 

また、就活は社会に出る前に自分とじっくり対話が出来る貴重な機会なので、自分のやりたいことを見つけその過程で自分自身をより深く知ってほしいなと思います。この観点でみると就活は苦しい時もありますがとても面白いですよ!

 

最後に、大学院で偏差値の高い大学へ進学して就活は大企業へ行けるのかといわれると行けます。間違いなくそれは立派な選択肢だと思います。しかし、1つだけお願いがあります。企業を選ぶときに、本当にその企業でやりたいことがあるのか、大企業へ入りたいからやりたいことを後付けにしていないかを考え抜いてください。それさえ考えられていたら、就活の失敗なんてないと私は思います。自分に正直に自分のやりたいことを考え抜く、これが本当に、本当に大切なことだと私は思います。

 

 

 

あとがき

ここまで読んでいただきありがとうございました。

たくさん偉そうなことを言ってきましたが、就職活動に絶対的な正解なんてものはないので、周りの声に惑わされず、自分が納得できる企業選びをしてほしいというのが私の一番の願いです。

最後に、この記事が少しでも自分の進路選びに役立ったと感じた方は以下の投稿をいいねorリツイートしていただけると今後の記事更新の励みになるのでよろしくお願いします。

感想や質問もどんどん募集しているので、DM or 以下のツイートにリプライをください。

私の就活は終わったので、今度は皆さんの院試、就活のサポートが出来るように発信を増やしていきますね!

2021年ゴールデンウイーク ウィズ

スタディサプリEnglish