本当の英単語の覚え方

おはようございます、昼まで寝て絶起したウィズですw。

今日はブログを見てくださっている方から、「英単語の覚え方を教えてほしい!」とリクエストがあったので、僕なりの覚え方を教えちゃいます!

以前に言いましたが、単語は文法とともに基本となる部分なので、必ず避けては通れない道です。

ただ、単語か文法のどちらかしかできない、というときは、文法から始めることを私はオススメします!

話が逸れちゃいましたね(笑)

私は、英単語には、2種類あると思っています。それは

「組み合わせ単語」   と

「基本単語」 です。

組み合わせ単語

組み合わせ単語というのは、複数の単語や接頭辞が組み合わさって出来た単語のことです。

例えば like は「好き」という意味ですが、前に「否定」の意味の dis を付けると  dislike =好きでない→嫌い

という意味になります。似たような話は一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

私は、組み合わせ単語は、今回の例だと、「like」と「dis」を知っていれば、自然と意味が分かるので、イメージがしやすく

覚えやすいものだと思います。

しかし、「like」「dis」などの単語を知らない場合は、意味が分からないです。

この「like」「dis」(disは正確には接頭辞)を基本単語と呼んでおり、これを覚えるのが第一優先になります。

 

基本単語

基本単語というのは、ざっくりいうとよく使われる単語です。ただ、よく使われるといっても、日常生活で使うのか、受験で使うのか人に寄るので、非常にざっくりしたものです(笑)

このブログを見ている方は、TOEICや英検などの資格試験や高校受験のために、英語を勉強する人が多いと思いますので、ここでは、

とか

シスタン、DUO、ユメタン・・・

など、どの基本的な参考書を見ても載っている単語だと私は考えています。

さて、基本単語なのですが、私が英単語を本格的に覚え始めた時に使っていた単語帳のコラムに、以下のようなことが書いていました。


 

「英語学習者たる以上、とにかく基本になる2000語を完全に覚えるべし。これは理屈抜きである」

 


 

これを読んで私は、本当にその通りだと思い、感動しました。ですので、始めにお願いがあります。

「ごめんなさい、最初の2000語は、とにかく覚えてください。」

ただ、約束します。

「2000語を覚えた後は、新しい単語を覚えるのがとてもになります。」

私も、最初に単語を覚えるときは、「英単語ピーナッツ」というマイナーな単語帳をひたすら繰り返して覚えました。

 

↑実際に3週ほどした跡です(笑)

とにかく、基本単語は繰り返して暗記してください!

 

具体的な繰り返し方

「繰り返して覚えてね!」と言われても、それが出来たら苦労しませんよね(笑)

そうだと思います、私も英単語ピーナッツに取り掛かる前に、2冊別の単語帳を触ってみましたが、続きませんでした。

ですので、私の単語帳のやり方のコツを特別にお教えしたいと思います!!

 

単語帳のコツ

ポイント1.  単語のイメージを持つ。

英単語以前に、言葉というのは、イメージがないとなかなか身につかないものです。

歴史を全く知らない人が、「墾田永年私財法」という単語を覚えようとしたときに、なんだこれ?ってなりながら、とりあえずその単語を覚えるのか、どういう法律なのかを理解してから覚えるのかでは、どっちのほうが頭に残るかは明らかですよね?

英単語もそれと同じでイメージを持つと格段に覚えやすくなります。組み合わせ単語が覚えやすいのもイメージがしやすいからです。

 

実際に、私がよく英単語を覚えるときに使っている方法を1つ紹介します。例えば「suspend」という単語、これは ①つるす②固定する

という意味があります。

この単語を、suspend suspend suspend・・・・ とただ繰り返して覚えるのも大切なのですが、

服のサスペンダーってありますよね?

写真の子供の肩に掛かっているやつです。いやー、子供かわいいですね!!! (笑)

サスペンダーって方のベルトでズボンをつるしているんです。そして、つるしてズボンを固定しているんです。

だから「suspend」には、①つるす②固定する という意味があるんです!

このように、単語に

「ストーリーがあるとイメージがわく」

ものなんです。イメージがあると意味も分かるってことですね。

だから、単語帳を見ている時に、ちょっと見たことあるな、とか聞いたことあるな? って思う単語があったら、ネットででも調べてみてください。

遠回りのようですが、この過程が案外近道だったりします♪

ただ、注意してほしいのが、ストーリーで覚えたほうが早い単語と、繰り返したほうが早い単語があるので、ストーリーで覚えることにこだわらないでください。あくまでも、自分に合った方法で覚えるようにしてください。

ポイント2.  うろ覚えで回数を繰り返す。

さっきのポイント1で言ったことですね。いくら素敵なストーリーを知っていても、1回繰り返しただけじゃさすがに覚えられないです。

みなさんが英単語や文法を覚えられないって言っている原因のほとんどが、「回数不足」だと私は思っています。

そして、回数不足になる原因が、単語を覚えるペースが間違っていることです。

特に、ポイント1と違って、イメージを持てない単語を覚えるには、イメージを持てる単語の数倍は反復回数が必要です。

私は「incentive」という単語を覚えるときに、全くイメージをつかめなかった記憶があります。

日本語訳を見ても「やる気を引き立てる要因」とか書いてあって、普通に???ってなりました。

だから、覚えるのに普通より時間がかかったんですよね。正直しんどかったです。

 

話が逸れてしまいました、単語帳のペースの話に戻りましょう。

「1日20個覚えるぞ!」 くらいのペースで進めてる人が多いんですが、このペースだと2000語の単語帳なら100日、

つまり三か月強でようやく1週するんですよね。これじゃ遅すぎるし、途中で飽きるんです。

だから、一度だけでいいので試してみてください。

  「1日200個を10日繰り返す」

この方法だと、10日で2000語の単語帳を1週出来ます!ということは1か月で3週できるんです。

けれども、さすがに1個1個しっかり目を通して毎日200個は時間がかかるし、なによりしんどくないですか?

だから、ざっと目を通してください。

初めの2週くらいはびっくりするくらい覚えられなくて嫌になってくると思います。

けれども、そこから急に定着してきます。ホントです。

だから、私を信じて一度この方法を試してくれないでしょうか。

 

ポイント3.  覚える量を決める。

いよいよ本格的に単語帳を進めていきます。このときに気を付けてほしいのが、

1つの単語につき1つだけ意味を覚える

ことです。単語1語といってもたくさんの意味がありますよね。するとついつい全部覚えようとしてしまうわけです。

全部覚えたほうがいいんです、覚えようとしているのは本当にえらいんです!

でも、疲れると思うんです。だから新しい単語をみたら、初めは1つだけ意味を覚える、類義語、対義語は後回しにしてください。

 

基本単語から覚えよう

ここまでお読みいただきありがとうございました。たくさん言いましたが、まずは、

・単語帳のペースを変えて、反復回数を増やす。

・単語のイメージを持つ

この二つを意識して英単語を覚えてみてください。

また、英単語は今の時代、スマホの中や、電車の中など身の回りにあふれています。

だから、そういうところにレーダーを張って、日常でも英単語に触れる機会を増やしてみてください。

 

感想、リクエスト等は

インスタグラム: https://www.instagram.com/wizenglish01

Twitter(@wizreenglish ): http://twitter.com/wizreenglish

にていつでも待ってます!

スタディサプリEnglish