toとingの区別の仕方 to不定詞編

こんばんは、ウィズです。

9月に入り、すこしずつ寒さを感じ始めている今日この頃でございます。

受験生の方は特に、体調にお気を付けください。

 

さて、この記事と次の記事で丸暗記しない不定詞(to)と動名詞(-ing)の区別の仕方を、お伝えしたいと思います。

なぜ、これを教えるかというと、くどいようですが、棒暗記すると暗記量が多すぎるからですね。

ですので、楽して覚えてしまおう!という話です(笑)

今回は、【to不定詞編】をやっていきます。

※この記事では、to不定詞のうち、どうしても暗記をしなければいけない部分の抑え方について紹介するので、to不定詞の基本の3用法などは、省略させてていただきます。

ご了承ください。

1. to不定詞のイメージ

あなたは、to不定詞と言われて、最初に何を思いつきますか?

~することという意味やto不定詞の3つの用法など、様々なことが浮かんだと思います。

ですが、1つだけ絶対に覚えてほしいことがあります。

この記事で1番伝えたいことです!

それは、

to不定詞=未来の方向(これから~する)

というイメージを持っていることです。

このイメージを持っているから、wantやhopeの後ろにtoが来るわけなんです。

詳しくは2章で解説しますね。

 

to不定詞と-ingの違い

まずは、感覚で、以下のクイズに答えてみてください。

Q. 自然なのはどっち?

①The purpose of studying English is to pass the exam.

②The purpose of studying English is passing the exam.

意味:英語を勉強する目的は試験に合格することです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答えは①なんです。

前振りをしたのが分かった方がいるかもしれません(笑)

試験に合格するのは、未来のことですよね!

だから、to不定詞と-ingは、同じ「~すること」という意味でも、全然別物なんです。

見た目は両方水だけど、飲んでみたら片方は酢だった、みたいな感じです(笑)

-ingは次の記事で詳しく解説しますので、とりあえずは、toとは似てるけど中身は違うもの、くらいの認識でOKです。

 

繰り返しますが、まずは

to不定詞=未来の方向(これから~する)

というイメージを持ってください。

 

2. to不定詞のイディオム

toのイメージを持ってもらえたと思うので、次に、後ろにtoをとる動詞のイディオムを紹介します。

ごめんなさい、こればかりは、覚えてもらわなければならないです。

けれども、ただイディオムのリストを配って、覚えろ!じゃ英語の授業をする意味ないですよね。

しかも、あなたはそれが嫌で私の記事を読んでくれていると思うのです。

だから、私が出来るだけ数を絞り、注意すべきところと覚え方をを解説し、出来るだけ覚えやすくするので、ぜひ1度目を通してみてください。

 

後ろにtoを取る動詞        (※すべてこれから(未来)のことなので、後ろにtoを取ります)

<~したい>

want to ~:~したい

hope to ~:~したい

would like to ~:~したい

wish to ~:~したい

 

【解説】

・上の4つはすべて、「~したい」で覚えてください。

 

<計画・決心>

decide to ~:~に決める

prepare to ~:~を準備する

expect to ~:~を予想する

intend to ~:~するつもり

 

【解説】

4つすべて覚えてほしいですが、特にintend to ~が解く狙われるので、これだけは絶対に覚えてください。

<チャレンジ>

try to ~ :~しようとする

mean to ~:~しようとする

 

【解説】

・2つとも「~しようとする」で覚えてください。

・mean to ~は様々な試験でよく狙われるだけでなく、会話の時もよく使うので、必ず押さえてください!

<積極的>←重要

manage to ~:何とか~をやりとげる

come to ~:~出来るようになる

afford to ~:~する余裕がある

get to ~:~するようになる

learn to ~ :~出来るようになる

 

【解説】

to不定詞は、未来の方向というイメージが派生して、積極的(プラス)なイメージを持つようになりました。

そして、to不定詞は未来の方向というイメージを知っていても、積極的(プラス)のイメージを持つことは、あまり知られていないです。

それゆえに、結構狙われますので、5つ全て重要です!

 

ここで2つ注意があります。

manage to ~:何とか~をやりとげる 

日本語訳から何とか~したというネガティブなイメージを持つ人が多いと思います。

しかし、実はとてもポジティブな意味で使うので、使い方に注意です。

例) I managed to get the high score on the exam .

訳:なんとか試験でいい点を取ったよ。

 

afford to ~:~する余裕がある

「~する余裕がある」と言うと、金銭的、精神的、身体的などなどいろいろな面での「余裕がある」があると思います。

1度英和辞書を引いてみてください。

afford+to

↑(weblio和英辞典)

そうすると、大体の例文でafford toが、金銭的な意味で使われているのが分かりますか?

ですので、afford to ~は金銭的なほぼ100%金銭的な意味で使われると覚えてください!

 

<単発>←重要

happen to ~:たまたま~する

pretend to ~:~のふりをする

appear to ~:~のようだ

seem to ~:~のようだ

 

prove to ~:~だと判明する   

= turn out to ~:~だと判明する   ←セットで覚えましょう

 

【解説】

実は、to不定詞は単発という意味も持っています。

これも、不定詞な意外な意味としてよく狙われるので、全部重要です。

次の記事で書きますが、-ingは反復の意味を持っており、to不定詞はその逆の意味を持つので、単発という意味を持ちます。

 

 

例えば、happen to ~だと、たまたま~するって、その時にたまたま1回だけ何かをしたわけです。

何回も決まってするわけではないですよね。

だから、単発になるわけです。他も同様です。

 

<否定>←例外なので狙われやすい

refuse to ~:~を拒む

hesitate to ~:~をためらう

fail to ~:~しない

 

【解説】

to不定詞のイメージ「未来の方向」→これからの否定 という意味を持つようになりました。

これははっきり言って、to不定詞の例外です。

しかし、これは覚えておいてほしいのですが、四角などの試験では例外が狙われます

ですので、3つだけですので、覚えてください。

 

最後に、覚えやすいようにまとめた画像を載せときますね。

印刷して使ってください!

 

3. be to構文はこれだけ

to不定詞の面倒な暗記物の2つ目は、be to 構文です。

I am to visit his house.

(私は彼の家を訪れることになっている。)

こんな感じの文ですね。

 

恐らく、be to構文に苦手意識を持っている方って多いと思うんです。

もしかしたらそのような方は、be to構文の意味、

「義務」「予定」「意図」「可能」「運命」の5つとその訳を覚えさせられた経験があるかもしれません。

けれども断言します。

すべて忘れてください。

 

その代わりに

be to ~=~することになっている

と覚えてください。

この訳だけで5つの意味をすべてカバーできるんです。

 

例えば、「義務」の意味について考えましょう。

ex) you are to get up early tomorrow.

この例文を、「~することになっている」で訳すと、

あなたは、明日、早く起きることになっている。(=あなたは明日早く起きなければならない。)

これって義務の意味になっているんです。

同じく、「意図」で考えてみましょう。

ex) We are to go abroad.

の意味は、

私たちは海外に行くことになっている(=私たちは海外に行くつもりだ)

ほら、意図の意味になってますよね。

 

同様に、他のすべての意味でも、be to ~を「~することになっている」と訳せば、5つの意味が勝手に出てくるんです。

だから、5つの意味はすべて忘れて、

be to ~=~することになっている

を必ず覚えてください!

 

 

4. まとめ

お疲れ様でした。

今回は読む分量と覚える分量がとても多かったので、大変だったと思います。

にもかかわらず、最後までこの記事を読んでいただき、本当にありがとうございます。

せっかくここまで読んでくれたあなたには、是非とも、今日紹介したことを覚えていってほしいです。

 

今回のpoint

1. to不定詞のイメージ

・toのイメージは「〇〇の方向」

・toと-ingは似てるようで違う

2. be to構文

・be to構文の訳は「~することに・・・」

これだけ覚えましょう!

 

3. to不定詞のイディオム

・余裕があれば、各動詞の後ろにto不定詞が来る理由とともに、イディオムを覚えてください。

棒暗記がなくなるはずです。

 

 

 

この記事の感想、その他要望などがあれば、以下の連絡先までお願いします!

ありがとうございました。

 

次の記事【動名詞編】

 


感想、要望、質問等はTwitterにて!

Twitter : http://twitter.com/wizreenglish


 

スタディサプリEnglish